近畿大学附属和歌山高校偏差値と合格最低点

近畿大学附属和歌山高校偏差値と合格最低点

※2016年度受験用

●偏差値

※新AD

専願 66

※AD

専願 61

併願 67

※進研V模試の偏差値を基準

スポンサーリンク

●合格最低点

新AD

専願 358/600

AD

専願 260/600

併願 366/600

総評

近大付属和歌山は新ADとADの2コース編成。

新ADは難関国公立大受験クラス、ADは近大内部進学メインで他大学受験にも対応クラス。

和歌山では智辯和歌山に次いで合格実績が高く、近大付属の中では最も合格実績が良い。

今年は東大1名、京大4名、阪大11名、神大7名、早稲田5名、慶應10名、
同志社53名、関学53名、立命78名、関大54名と安定した合格実績を誇る。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ