梅花高校(特進)偏差値と合格最低点

梅花高校(特進)偏差値と合格最低点

※2016年度受験用

●偏差値

特進

専願 50
併願 54

※進研V模試の偏差値を基準

スポンサーリンク

●合格最低点

特進

専願 185/300

併願 200/300

総評

梅花高校特進クラスは国公立大や関関同立等の難関大進学を目指す。

今年、同志社2名、関学10名、立命5名、関大11名、滋賀大1名、徳島大1名
京都府立大1名、兵庫県立大2名等に合格。

標準クラスとはやや難易度に差があり、合格ラインも高い。

過去問演習等入試対策をきっちりと行って、7割の得点を目指すこと。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ