金光大阪高校(特進)偏差値と合格最低点

金光大阪高校(特進)偏差値と合格最低点

※2016年度受験用

●偏差値

特進Ⅰ

専願 53
併願 56

特進Ⅱ

専願 49
併願 51

※進研V模試の偏差値を基準

スポンサーリンク

●合格最低点

特進Ⅰ

専願 291/500

併願 310/500

特進Ⅱ

専願 258/500

併願 270/500

総評

金光大阪特進コースへ阪大神大その他国公立大、関関同立等
の難関大を目指すコース。

特進ⅠとⅡで偏差値4程度違う。

今年は神大1名、滋賀医科大1名、兵庫県立大1名、滋賀大1名、奈良県立大1名
同志社17名、関学19名、立命26名、関大36名に合格。

姉妹校である金光八尾が近年進学実績を驚異的に伸ばしているので
それに付随して金光大阪も実績を上げていきたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ