大阪産業大学附属高校偏差値と合格最低点

大阪産業大学附属高校(大産大附属高)偏差値と合格最低点

※2016年度受験用

●偏差値

普通科進学

専願 41
併願 46

※進研V模試の偏差値を基準

スポンサーリンク

●合格最低点

普通科進学

専願 196/500
併願 223/500

総評

大産大附属高校進学コースは基本的に大阪産業大への内部進学を目指すコース。

大学附属校ならではの高校大学7か年教育で最低限の成績を収めれば、
学内進学出来るので、クラブ活動と勉強がしっかり両立でき、
のびのびした環境の中で高校生活を送れる。

あなたが高校で部活に力を入れて受験にとらわれない生活を送りたいのなら
大産大附属高校はその希望をかなえられる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ