花園高校(京都)偏差値と合格最低点

花園高校(京都)偏差値と合格最低点

※2016年度受験用

●偏差値

特進A

専願 59
併願 63

特進B

専願 50
併願 56

カルティベート
専願 41
併願 45

※進研V模試の偏差値を基準

スポンサーリンク

●合格最低点

特進A

専願 300/500
併願 315/500

特進B

専願 230/500
併願 250/500

カルティベート
専願 150/500
併願 160/300

総評

花園高校は特進Aが京大阪大神大などの難関国公立・
特進Bが関関同立・カルティベートが産近甲龍・佛教大などの有名私大を目指す。

花園大に内部進学する生徒は1割もおらず、
基本的に他大学を目指す。

京都の私立高校で高校から難関大を目指す場合、
洛南を除くと、花園高校・東山高校・京都成章高校この3校から選ぶとよい。

今年度花園高校から、京大3名、神大6名、京都工芸繊維大2名、大阪市立大4名
慶応2名、関関同立150名、産近甲龍95名、佛教大41名に合格。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ