滝川第二高校偏差値2016と合格最低点

滝川第二高校偏差値と合格最低点

※2016年受験用

●偏差値

※専願

S特進L 62

特進L 58

L 51

C 45

※進研V模試の偏差値を基準

スポンサーリンク

●合格最低点

※専願

S特進L 165/300

特進L 145/300

L  115/300

C 非公表

総評

滝川第二高校は現在の4コース編成から来年以降は
スーパーフロンティア・クリエイティブフロンティア・Cの3コースに再編成。

難易度に若干変化がある可能性がある為、特にLクラス志望のあなたは
進路指導の先生とよく相談しながら受験するかどうか決めること。

S特進、特進クラスは少人数精鋭教育で今年阪大3名・神大8名・岡大10名
大阪市立大1名・兵庫県立大16名合格。

関関同立にも157名・産近甲龍にも126名合格しており、
高校からの3か年で難関校を目指せる環境が整っている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ