関西最難関公立高校京大合格者数速報2016

関西最難関公立高校京大合格者数速報2016

※前期日程のみ

北野(大阪) 61名 昨年比±0

堀川(京都) 60名 +8名

天王寺(大阪) 56名 +3名

膳所(滋賀) 46名 -3名

三国丘(大阪) 31名 +6名

大手前(大阪) 29名 -9名

西京(京都) 28名 -1名

奈良(奈良) 26名 -9名

茨木(大阪) 22名 -11名

長田(兵庫) 20名 +5名

参照 インターエデュ

スポンサーリンク

総評

京大合格者数ランキング上位10校の中では
北野が3位、堀川4位、天王寺が7位、膳所が10位となった。

灘・東大寺・甲陽・西大和・大阪星光・洛南などの私立最難関校が
近年京大から東大志向へシフトしていっているので、
京大合格者数ランキングでは公立最難関校の健闘が目立つ。

また、関西では私立最難関の高校は多くの場合
高校からの外部募集が少なく、中高6か年一貫生が有利な環境にあるので、

京大を目指す環境としては北野・天高・堀川・膳所などの公立最難関校に
高校受験で入るのが賢明と言える。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ