大阪の私立高校の事前相談で〇が付けば合格か?

2月からいよいよ入試本番になりますが、
ひとつ書いておいた方がいいことを書きたいと思います。

大阪の私立高校の多くでは出身中学の進路指導の先生を中心に
この生徒は合格できるかどうか毎年秋から冬にかけて
実力テストの成績や内申等の資料を持って受験予定の各私立高校に相談しにまわります。

出身中学のみならず、難関校では大手進学塾も事前相談にまわるという話です。

これは中学浪人を防ぐのと各高校の定員割れや集中を避ける為に
むかーしから行われていることで、正直な話2月の本番の入試だけで
合否が決められていない高校が実際のところ多いです。

ただし、灘、東大寺、大阪星光学院、西大和学園などの最難関校では本番一発勝負で
事前相談は参考程度にしか行われていないという話です。

この事前相談で〇が付けば、よほど本番の点数が悪くない限り合格。
×が付けば、志望校の変更を勧められる。
△が付けば、当日の試験次第ということになります。

不合格になる生徒の多くは、この事前相談で×が付いたけど本人の強い希望で
受験したケースか、△が付いて、本番で点数が悪かった生徒が多いです。

ここが中学受験と大きく違うところ。

昨年某有名高で事前相談で〇が付いている生徒が全員合格して、
△や×が付いている生徒の本番の点数が〇が付いている生徒よりも大きく上回っているのに
不合格になっていることが問題になりましたが、
某高校のみならず多くの高校では実際のところ表に出ていないだけでかなりあったと思います。

今後多少の改善はあるにせよ、関西の私立高校入試は本番の入試の点数だけでなく、
出身中学での学内の成績、態度や素行、出席状況など総合的に合否が決定されるので、
注意して下さい。

ですので、合格最低点は参考程度にしておくぐらいでいいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ