関関同立の付属に高校から入るのと大学から入るのどちらが難しいか?
答えから言うと圧倒的に大学受験が難しいです。

 

一部指定校推薦の場合は大学からの方が入りやすいけど、
一般入試の場合はまず高校受験の方が入りやすいんで
注意してください。

 

というのも、大学受験は関関同立となると
全国から志願者が集まります。(関東や東北・北海道は少ないけど)

 

高校受験は全国どころか関西圏で、
かつ通える範囲にしか集まらない。

 

また高校受験は大阪の場合は事前相談で入試前に
志願者を特定の高校に集中させないように調整するので、
倍率がかなり低くなるんで、まず合格するから。

 

合格最低点も文系の場合きわめて高く、
関大なんかは7割5分は取らないと受からないし、
同志社も7割5分弱、関学・立命も7割取らないとキツイです。
高校受験は6割取れれば大体受かりますからね。

 

ただし、同志社香里や同志社女子などは近年高校からの外部募集が
ほぼ推薦のみになってきているので、
同志社高、関西学院高校、立命館高、立命館宇治高、
立命館守山高、関大一高、関大高等部に限ります。

 

他、初芝立命館や初芝橋本、帝塚山学院の関学コースなど
直系の付属ではない高校からも道はあるので、
将来関関同立に進学したい場合、高校受験で入れるのなら
高校受験で入っておいた方が間違いなくいいと思います。

 

実際同レベルの進学校(明星や清風、帝塚山・大阪女学院・大阪桐蔭など)に進学して
大学入試で関関同立に落ちて、後悔する人が多数いるんで。

 

ということで、関関同立に行きたい場合、
高校受験で入れる実力があるのなら高校から入った方がおすすめと言えるでしょう。
その方が高校と大学と7年間伸び伸びした環境で過ごせます。