大阪大学(阪大)一般入試合格者浪人・現役比率一覧

※文系

  • 法学部
  • 現役68% 浪人32%
  • 経済学部
  • 現役70% 浪人30%
  • 文学部
  • 現役79% 浪人21%
  • 外国語学部
  • 現役81% 浪人19%
  • 人間科学学部
  • 現役67% 浪人33%

スポンサーリンク

 

※理系

  • 医学部
  • 現役67% 浪人33%
  • 薬学部
  • 現役68% 浪人32%
  • 工学部
  • 現役62% 浪人38%
  • 基礎工学部
  • 現役63% 浪人37%

総評

阪大の現役・浪人の比率は、
文系学部でおよそ4人に3人が現役、4人に1人が浪人。
理系学部でおよそ3人に2人が現役、3人に1人が浪人という割合。

私大に比べると、阪大は浪人率がやや高いが、
10年前に比べると10%前後現役入学率が上がってきており、
浪人生はどんどん減ってきている。

阪大は後期入試を廃止した影響で
今後さらに現役・浪人の比率が変わってくる可能性もある。
今後にも注目していきたい。